栃木鬼怒川温泉の美術館、日光人形の美術館。ギャラリー
HOME > ギャラリー >
栃木の美術館、鬼怒川温泉、日光人形の美術館 昭和初期頃、振袖姿でおかっぱ頭の市松人形が嫁入り道具として登場しました。
当時女性の地位は低く、娘を一人嫁がせる親心の不安に、市松人形はお守のような役割でもあったようです。 更に、人形のような可愛らしい子宝に恵まれるようにと祈り、女の子が生まれると初節句の時に飾りました。

 

 

・開館時間 / 9:00〜17:00 (最終入場は16:30まで) 年中無休  ・ 入館料 / 大人:700円 小人:300円
Copyright(C) Nikko Doll Museum All Right Reserved.
栃木鬼怒川温泉の旅館、花の宿松や料亭 花茶寮 / 相田みつを心の美術館日光竹久夢二美術館